ファンデーションの“アレコレ”をまとめてみました!

意外と知らないファンデーションの事。このサイトでは、そんな皆さんの
疑問やファンデーションに関する基礎知識をまとめてみました。
また、私管理人がオススメしたい最新ファンデーションのご紹介も合わせてさせて頂きます♪

ファンデーションの色の選び方ってある?

ファンデーションの色の選び方ってある?

肌の色に合わない色のファンデーションを使ってしまうと、メイクが濃く見えてしまいます。
それを防ぐには、まずは自分の肌のタイプを知りましょう!
色白肌系、黄色み系、赤みがある肌系、中間色系、色黒肌系、あなたはどの肌色タイプでしょうか。
それぞれの肌色タイプにオススメのファンデーションの色があります。

色白肌系

色白のお肌の方にはピンク系よりもベージュ系のカラーがオススメです。
ピンク系をつけてしまうと時間とともにファンデーションが白浮きしてきてしまいます。
ベージュ系を使えば白浮きも防げます。

黄色み系

お肌が黄色みがある方にはピンク系がオススメです。
ベージュ系のカラーだとくすみがでやくす顔色が悪く見えてしまいます。
ピンク系を使うと顔色が明るくなり健康的な印象になります。

赤みがある肌系

お肌に赤みがあるタイプの方は、ベージュ系がオススメです。
肌の赤みをおさえて、透明感のある肌に見せてくれます。
ピンク系を使ってしまうと肌の赤みが増してしまうのでオススメできません。
赤みが強い方はオークル系のファンデーションを使うと赤みが消せます。

中間色系

ナチュラルな肌の色の方は、いわゆる肌色タイプ、ナチュラルカラーを使うと綺麗に仕上がります。
メイク直しのときは、ピンク系かベージュ系を使うとくすみを防げます。

色黒肌系

色黒肌の方は、オークル系がオススメです。
オークル系だけではくすんだ印象を与えがちなので、オークルを塗ってからピンク系を重ねると肌のくすみをカバーし、明るい印象になります。

そして、色を選ぶときは、フェイスラインに3色試し塗りをするといいでしょう。
首は顔よりも白いので首に塗るよりもフェイスラインに塗り、首との境界線が目立たない色を選びましょう。
ミネラルファンデーションもカラーが選べます。
自分の肌タイプがわかるとベージュ系かオークル系、失敗しないで選ぶことが出来ます。
ぜひ、失敗しないファンデーション選びをしてください。